国債の税金について 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

国債の税金について 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

国債の税金について

国債とは国が国民に運用資金の手助けをしてくださいということで発行する債券です。

それなりの利子もつくことから、国債は密かな人気があります。

そこで、国債を購入した場合の税金ですが、利息がついている国債、利付債の利子所得については、利払い時に20%(所得15%と地方税5%)の税金で源泉徴収が行われ、税金が発生します。

ただし、利付の国債を障害者の方等が購入する場合には、いわゆる「障害者等のマル優制度」の適用があります。

預貯金等と合わせて元本350万円を限度として、その利子所得が非課税、税金がかからないことになります。

割引の国債、割引債の償還差益については、発行時に18%の税率で源泉徴収が行われ、税金が発生します。

また、売却益(譲渡所得)が発生した場合には、利付所得と同じく非課税になり、税金はかかりません。

国債を手にしたとき、税金の説明はよく聞きましょう。
タグ:国債の税金
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。