国債の金利について 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

国債の金利について 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

国債の金利について

国債の金利とは、一口で言うと「利子」になります。

国が資金調達の為に発行して、投資家が買うというシステムなので、国としては、国債の金利が上昇する事を嫌います。

国が投資家から借金をするわけですから、国債の金利が上昇する事により、国が投資家に返金する時の金利が高くなるという事です。

政府としても、出来るだけ「余分な出費」を抑えたいものです。
政府が、国民に買ってもらう為の「商品」ですから、信用・信頼性が高いと言えます。

市中金利が上昇すると、国債の金利も見直しされます。
したがって、国債の金利も上昇します。

逆に市中金利が下がると、国債の金利も下がります。
しかし、国債の金利は、最低金利が決められている為、非常に安定した金融商品だと言えます。

個人国債には、短期国債・長期国債の二つがあります。
5年固定金利型・10年変動金利型になりますが、それぞれの金利水準がありますので、基準金利の確認が必要になってきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。