国債の格付けとは? 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

国債の格付けとは? 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

国債の格付けとは?

国債の格付けとは国が発行する債券の信用度を記号で段階的に評価したもので、格付け会社が企業からの依頼を受け、提供されたデータを分析・調査して決めますが、日本国債は依頼がないのにもかかわらず、格付け会社が独自に格付けをしています。

アメリカの格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、円建て日本国債の格付けを「A2」から「A1」に引き上げました。同社の円建て日本国債での引き上げは初めてです。

A1は、21段階の格付けのうち上から5番目です。引き上げ後も主要7カ国では最低で、下から2番目のイタリアより2段階低いのです。これまでの日本国債の格付けの「A2」はボツワナより低かったのですが、今回の格上げでボツワナやチリと並びました。

ムーディーズは今回の日本国債の格付けの格上げの理由として、日本経済のデフレ圧力が弱まり、景気が改善傾向にあると指摘し、また福田政権が財政再建の方針を引き継ぐ意向を示していることもあげました。
さらなる格上げの条件としては、基礎的財政収支の黒字化目標の達成、社会保障費の上昇の抑制が重要だとしました。

日本国債の格付けは、米スタンダード アンド プアーズ(S&P)も4月に最高位から3番目の「ダブルA」に1段階引き上げています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。