外国国債のことを知ろう 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

外国国債のことを知ろう 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

外国国債のことを知ろう

国債に投資する場合、日本国内の国債と外国国債のどちらがよいでしょう。
国内の個人向け国債では、元本が保証され、国内の経済事情もつねに把握出来、購入の判断もしやすいですが、これに比べて、外国国債は、経済事情もわかりにくいですし、また、為替(日本円を外貨に、外貨を日本円に交換する値段のこと)にも注意が必要です。

為替は1日24時間、各国の経済状況に左右されて変動するため、予測は困難です。

日本の国債を買う場合は、為替変動が大きく影響することはありませんが、外国国債の場合は、購入するときと満期のときの為替の状況によっては、円に換金してみると、元本割れすることもあります。
逆に円安のとき、外国国債の場合は、予想外に高い金額になることもあります。

さらに、外国国債では為替手数料が、国債を購入する時と売る時のそれぞれに必要になります。

外国国債の購入の際には、こうした手数料も含めた為替の損益にも注意が必要です。

国債の満期を迎えても、外国国債の場合は、外貨のままプールしておくこともできます。
外貨の状態でプールしておいて、円安の時に日本円にかえるということができるのです。
また「円」で購入できる「円建て外債」という債券もあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。