国債の発行について 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

国債の発行について 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

国債の発行について

歳出に必要な資金を税収で賄うことができない場合、政府は、余裕資金のあるところに利子を払って資金を借りるしかありませんが、その手段として用いられるのが国債の発行です。
国債の発行は、いうなれば国の借金です。

交通・通信網など国内の整備には、巨額の投資資金が必要となり、それは1年毎の予算の範囲で支出できる規模を超える場合もあります。

国債の発行は、本来経済発展のための先行投資として必要な資金を調達するためのものであり、この目的のために発行される国債を「建設国債」と呼びます。
しかし、経済発展のための先行投資ではなく、国家財政の赤字を補うために発行される国債があり、これを「特例国債」または「赤字国債」と呼びます。

国債は、やがては償還日がきて元金の返済をしなくてはならないものです。
その時、財源に余裕がなければ、期限のきた国債を償還するために、また国債の発行をするという悪循環を招くことになり、現在、建設国債も含めて、日本の国債の発行残高は増加し続けています。

政府の歳出の「国債費」という項目が、償還日を迎えた国債の償還金にあてるもので、毎年支出となり、歳入の「公債金収入」が新規国債の発行による資金調達で、これが借入金にあたります。
つまり、歳入の「公債金収入」が「借金」に、歳出の「国債費」が「借金返済」にあたるのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。