債券相場における新発10年国債の利回り 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

債券相場における新発10年国債の利回り 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

債券相場における新発10年国債の利回り

国債は、利払い方式によって、利付国債と割引国債に分けられます。また、新たに発行される新発債と、既に発行され、市場で取引されている既発債とにも分けられます。

従来は既発の10年国債から一定の条件(発行量・販売高が多い、クーポンレートがその時の流通利回りに近い、保有が偏っていないなど)を満たした銘柄を国債指標銘柄としていましたが、売買の中心が新発国債に移ったため、1999年3月から直近の債券相場における新発10年国債の利回りを指すようになりました。

債券相場における新発10年国債利回りとは、新規に発行された、発行から償還までの期間が10年の国債の流通利回りです。

国債は信用度が高く売買も活発なため、現在は債券相場における新発10年国債利回りを長期金利の指標としています。

そして、現在、長期国債の利回りといえば、直近の債券相場における新発10年国債の利回りを指します。

10年国債は、毎月発行しており、そのつど債券相場における新発10年国債利回りの対象銘柄は毎月交代しています。

10年国債の利回りは、一般に、無担コール翌日物金利より、約1.5%高いくらいのことが多く、例えば、無担コール翌日物金利が0.5%なら、10年国債の利回りは約2.0%くらいになることが多いようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。