国債の種類、いろいろ 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

国債の種類、いろいろ 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

国債の種類、いろいろ

国債の種類を償還までの期間別にみると、「短期(1年以内)」、「中期(2〜6年)」、「長期(10年)」、「超長期(15年、20年、30年)」の種類があります。

金利条件別に見みると、「確定国債」、「変動国債」、「物価連動債」の国債の種類があり、募集対象別に見みると、「個人向け国債」、「短期国債(金融機関のみが購入可)」の国債の種類があります。

「個人向け国債」には「変動金利10年型」と「固定金利5年型」があります。

短期のものには、割引短期国債(TB)と政府短期証券(FB)の国債の種類があり、割引国債です。

中期国債の償還期間による分類は、2年(利付債)・3年(利付債)・3年(割引債)・4年(利付債)・5年(利付債)・5年(割引債)・5年(個人向け国債)・6年(利付債))となっています。

日本が歳入不足を埋めるために発行する国債のうち、発行量が多く中心的な銘柄とされている国債の種類は10年長期国債です。

この国債は他の債券と同じように、発行された後、流通市場で自由に売買されます。
そこでついた長期国債利回りが、日本の長期金利の指標とされています。
だいたい世界中どこの国でも、国が発行する長期国債の利回りが長期金利の代表となっています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。