ベトナム国債を知ろう 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

ベトナム国債を知ろう 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

ベトナム国債を知ろう

ベトナム国債の発行に関しては、主に以下の4つの機関があります。

1、ベトナム中央銀行(SBV)での入札発行
VMOFは1年以下の短期債券についてSBVでの委託発行(中長期国債に関してはSBV自ら発行)を行う。

2、銀行引受シンジケート団を通じたベトナム財務省(VMOF)での直接発行
VMOFは国債引受シンジケート団に対し、ベトナム国債の直接発行を行う。

3、ベトナム各州にあるVOMF支局(Local office)での直接発行
VMOFはベトナム全国に散在するVMOF支局を利用し、個人に対するベトナム国債の販売を行う。

4、ホーチミン市証券取引所(HCMC STC)での上場発行
VMOFは証券取引所HCMC STCを経由してベトナム国債の発行を行う(国債上場発行)。

これら4つの経路とは別に、ベトナムの政策開発金融機関である DAF(Development Assistance Fund)がSTCを経由してベトナム国債を発行しているなど、国債登録簿の保管・管理については複数の主体に分かれています。

そして、ベトナム国債の取引から決済までの各層は、大きく以下の4つの層に分類されます。

1、国債の取引が行われる「取引層」(取引所取引とOTC取引の2種類がある)

2、取引内容(価格、数量、銘柄等)について清算の前段階において取引の当事者同士で相互確認する「照合層」

3、「売買当事者間」の債権・債務関係を「清算機関と売買当事者」の同関係に置き換えたうえでネッティング処理を行う「清算層」

4、証券取引においてその証券の受渡しと資金決済が行われる「決済層」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。