国債市場とは? 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

国債市場とは? 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

国債市場とは?

国債市場は、国債の売買取引だけでなく、GC(General Collateral)レポ(銘柄を特定しない国債を担保とした資金の貸借)やSC(Special Collateral)レポ(現金を担保とし銘柄を特定した国債の貸借)といった取引も行われます。

国債市場は、政府の資金調達の場としてだけでなく、金融機関や事業法人など民間経済主体にとっても重要な資金運用・調達の場となっているのです。

国債市場は、

1、「リスクフリー(信用リスクのない)金利の水準を示す」
国債市場がリスクフリー金利の水準を示すという役割自体は昔から変わっておらず、リスクフリーの金融商品である国債市場は不可欠な存在

2、「金融政策判断を行う上での情報源」

3、「金融調節を実行する場」
日本銀行が、現在資金供給を行っている国債を用いた資金供給オペレーションは、短期国債と長期国債の買入オペに加えて、国債買現先オペがある

等の貴重な役割を担っているため、日本銀行にとっても、金融政策を運営する上で重要な場となっています。

このように、国債市場は、日本銀行が金融政策を運営していく上で不可欠な市場ですが、単に規模の大きい市場として存在するだけでは十分ではなく、機能性・流動性の高い市場であることが求められます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。