登録国債を知ろう 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

登録国債を知ろう 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

登録国債を知ろう

登録国債とは、日本銀行に所有権等の権利が登録された国債のことをいいます。

日本銀行に備える国債登録簿にその国債の要項、権利者の住所・氏名などを記載するだけで、登録国債は証券の発行はしません。

従来、国債については、日本銀行が、国債の登録機関となり、国債の登録事務を行って来ました。
国債の登録請求により、日本銀行は国債登録簿登録通知書を交付し、登録記名者の変更が必要になると移転登記を行っていました。

これらは、日本銀行と金融機関との間で結ばれたオンライン(日銀ネット)で行われていましたが、2003年1月から新振替決済制度に移行したことにより、新たに発行される国債はすべて振替国債となり、登録国債としての保有はできなくなりました。

この新振替決済制度により、参加業者(短資会社、銀行、証券、保険会社、証券会社等)は、所有する登録国債を日本銀行へ譲渡し、この登録国債と同一の名称、記号、額面金額を記載した「国債代用証書」(無記名)の発行を受けることにより、日銀の共通担保、短資取引の担保、参加証券金融会社からの公社債流通金融制度による借入や日銀借入、コール・手形市場からの調達の担保等として使用します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。