長期金利付国債について 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

長期金利付国債について 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

長期金利付国債について

国債にはいくつかの種類があり、利払い方式による分類では、金利付国債と割引国債に分けられます。また、販売対象を個人に絞ったものを「個人向け国債」といい、10年満期の変動金利型と5年満期の固定金利型の2種類があります。どちらも半年ごとに利息がもらえ、満期になると投資したお金(元本)が戻って来ます。これを「利付き国債」といいます。

変動金利型10年の長期金利付国債は、利息は半年ごとに見直されるため、その都度利息の金額が変わりますが、最低金利保証が設定されているので、ゼロになることはありません。

なお、変動金利型10年の長期金利付国債は、購入から1年経過しなければ中途換金ができません。

10年の長期金利付国債には変動金利型の「個人向け国債」のほかに、固定金利型10年の長期金利付国債があります。

また、個人向けの10年の長期金利付国債は、いつでも国が額面(元本)で買い取ってくれますが、中途換金にはルールがあり、早い時期に中途換金すると元本を割ることもあるので注意が必要です。

半年ごとに金利を見直すタイプの個人向け10年の長期金利付国債は、金利上昇局面に有利で、満期まで金利が変わらないタイプの長期固定金利型の長期金利付国債は、金利下降局面に有利です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。