特別国債について 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

特別国債について 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

特別国債について

国債には、建設国債と赤字国債の2種類があります。

赤字国債は、「特例国債」または「特別国債」とも呼ばれます。

建設国債とは、公共事業の財源にあてるために発行される、財政法で認められた国債で、特別国債とは、国の一般会計の経常赤字を補うため、特例法によって発行される国債のことです。

財政法では、公共工事などに充当する場合にのみ国債を発行できるとし、建設国債しか認めていませんので、財政法上は、特別国債は発行できません。

これは、建設国債は、将来にメリットを残すので国債発行(=借金)という形で将来に負担がかかっても容認できるけれど、特別国債は、将来にはメリットを残さないのに国債の償還(=返済)という負担だけを負わせるので認めない、ということです。

これにもかかわらず、例年、特別国債が発行されているのはなぜかと言うと、毎年、財政法では認められていないのだけれど、今年は特例として特別国債を発行するという法律(特例法)を作っているからなのです。

初めて特別国債が発行されたのは1965年度で、1975年には石油危機による景気低迷に伴い大量発行されました。
その後「特別国債脱却」を内閣のスローガンに90年度予算で特別国債が一度なくなりましたが、バブル崩壊後94年度以降からまた特別国債は発行され続けています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。