国債とは? 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

国債とは? 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

長期国債とは?

日本が歳入不足を埋めるために発行する国債のうち、発行量が多く中心的な銘柄とされているのが10年長期国債です。この国債は他の債券と同じように、発行された後、流通市場で自由に売買されます。そこでついた長期国債利回りが、日本の長期金利の指標とされています。

だいたい世界中どこの国でも、国が発行する長期国債の利回りが長期金利の代表となっています。

長期国債の売買は銀行、証券会社、機関投資家、外国人など多くの投資家によって行われているため、同じ日時でもその利回りには違いがありますが、銀行、証券会社などの業者間で取引される長期国債利回りが最も代表的な金利として長期金利の指標となっています。

多くの場合、新発債の長期国債利回りが指標的な存在となっています。

長期国債利回りが上がると、政府関係金融機関の貸出金利や期間2年以上の預貯金金利あるいは中長期の住宅ローン金利などが上がることになります。

また期間10年物の個人向け国債の金利は、この10年長期国債の利回りを基準にして決まる新たに発行される銘柄の利回りから、一定の金利を差し引いた水準で決定されることでも知られます。

債券一般についても同じですが、国債は、人気が出て価格が上がると逆に利回りは下がるので、それについては注意が必要です。

国債の利回りとは?

国債の利回りとは、通常、1年当たりの「運用益」を、パーセント(利率)で表したものになります。

勘違いしてはいけない類似語がたくさんあります。
国債の「金利」と「利回り」では、言葉は似ていますが、区別しておいた方が、国債というものを詳しく知るためには、必要不可欠です。

国債を購入する金融機関や、国債相場の状況でも、国債の利回りは、大幅に違いが出てきます。

一方、ベテランになってきますと、購入時の価格から国債の利回りが「予測出来てしまう場合」もあります。

国債の最終利回りは、購入価格次第で、わかると言われている為、購入時に重点を置く人が増えています。

国債の価格と国債の利回りは、表と裏の関係にあると言えます。
国債の価格が低下すると、国債の利回りは上昇する為です。

今では、専門知識を持たない個人の投資家が増えている為、利回りを計算するさいの、計算の仕方などが、Web上で公開されています。

国債とは?

最近では「国債」という言葉をよく耳にしますが、実際の所よくわからない人が多いのが現実です。

国債とは、国が発行する債券の事をいいます。債券とは、ここでは「投資家」を対象としていますので、投資家に発行する借用書の変わりだと考えてください。

国が国債を発行し、投資家が買うというシステムにより、国が資金の調達をします。

わかりやすく言えば、国が投資家から借金をするという事であり、その証明として債券を投資家に渡す流れになっています。

国債は「金融商品」ではありますが、一般の商品と違い、クーリングオフ制度は対象外なので、一度買ってしまったら、一定期間の解約は難しくなりますので、注意が必要になります。

国債の一番大きなメリットとしては、日本政府が元本・利子の支払いを行う為、安全性の高い金融商品だと言われていますが、現在の日本政府は、あまり安全・安泰ではないので、元本・利子の支払いが滞ったりする可能性も、否定できません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。