郵便局の国債は? 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

郵便局の国債は? 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

国債UFJとは?

国債UFJとは、委託金融商品取引業者:三菱UFJ証券(三菱UFJフィナンシャル・グループ)で扱う国債のことを意味します。

国債UFJには、個人の投資家のみを対象とした新発円建の個人向け国債、「固定金利型5年利付国債」、「変動金利型10年利付国債」があり、1万円から購入できますが、募集期間中でも売り切れとなる場合があるのでご注意ください。

変動金利型10年利付国債UFJの利率は、半年ごとに見直され、発行から1年経過すれば中途換金ができますが、その場合、直近2回分の利子相当額(税引前)を払わなければなりません。

固定金利型5年利付国債UFJの利率は、発行時に決まった利率が満期まで適用され、発行から2年経過すれば中途換金ができますが、その場合、直近4回分の利子相当額(税引前)を支払わければなりません。

国債UFJについては、「三菱東京UFJ銀行の債券取引口座」を通じた取り扱いの他に、「三菱UFJ証券の証券総合口座」を通じた取り扱い(証券仲介)も可能で、口座管理手数料は無料です。

総合口座貸越の担保としても国債UFJを利用することもできます。
その場合、自動借入限度額は額面の80%、最高借入限度額は200万円(定期預金担保の自動借入限度額とは別枠)です。

郵便国債とは?

郵便国債とは郵便局で取り扱う国債のことを意味します。

郵便国債には「利付国債」と「個人向け国債」の 2種類があり、個人向け国債は固定5年と、変動10年の2種類で、利付国債は 長期国債、中期国債、短期国債の3種類があります。

郵便局の利付国債は、一般的な預貯金の仕組と似ています。
クーポンレートと呼ばれる表面利率に応じて、年2回利子を受け取ることができ、この郵便国債の利子は預金へ預入されます。

誰でも気軽に国債が購入出来るように、従来の国債を小口化したものを個人向け国債といい、「固定金利型5年満期」と「変動金利型10年満期」の郵便国債があります。

固定金利型5年国債は金利率が5年間変わらず固定であり、変動金利型10年国債は半年ごとに金利率が変動します。

利付国債はそれぞれ毎月発売を行っており、個人向け国債は年に4回発売されています。

郵便局で購入した利付国債は償還日時より前に売買する場合は、その時点での市場実勢により定めた価格で郵便局が国債を買い取ることになります。
このとき、郵便局で国債を購入したときの市場価格より低かった場合は元本割れを起こすこともあります。

個人向け国債の額面金額の8割までは郵便国債を担保として貸付を受けることができます。
1人につき最高200万円までで、貸付期間は1年間です。

ゆうちょ国債の概要は?

ゆうちょ国債とは郵便局で取り扱う国債のことを意味します。

ゆうちょ国債には「利付国債」と「個人向け国債」の2種類があり、個人向け国債は固定5年と、変動10年の2種類で、利付国債は長期国債、中期国債、短期国債の3種類があります。

郵便局の利付国債は、一般的な預貯金の仕組と似ています。
クーポンレートと呼ばれる表面利率に応じて、年2回利子を受け取ることができ、このゆうちょ国債の利子は預金へ預入されます。

誰でも気軽に国債が購入出来るように、従来の国債を小口化したものを個人向け国債といい、「固定金利型5年満期」と「変動金利型1年満期」のゆうちょ国債があります。

固定金利型5年国債は金利率が5年間変わらず固定であり、変動金利型10年国債は半年ごとに金利率が変動します。

利付国債はそれぞれ毎月発売を行っており、個人向け国債は年に4回発売されています。

郵便局で購入した利付国債は償還日時より前に売買する場合は、その時点での市場実勢により定めた価格で郵便局が国債を買い取ることになります。

このとき、郵便局で国債を購入したときの市場価格より低かった場合は元本割れを起こすこともあります。

個人向け国債の額面金額の8割までは、ゆうちょ国債を担保として貸付を受けることができます。

1人につき最高200万円までで、貸付期間は1年間です。

国債郵便局とは?

国債郵便局とは郵便局で取り扱う国債のことを意味します。

国債郵便局には「利付国債」と「個人向け国債」の 2種類があり、個人向け国債は固定5年と、変動10年の2種類で、利付国債は 長期国債、中期国債、短期国債の3種類があります。

郵便局の利付国債は、一般的な預貯金の仕組と似ています。
クーポンレートと呼ばれる表面利率に応じて、年2回利子を受け取ることができ、この国債郵便局の利子は預金へ預入されます。

誰でも気軽に国債が購入出来るように、従来の国債を小口化したものを個人向け国債といい、「固定金利型5年満期」と「変動金利型10年満期」の国債郵便局があります。
固定金利型5年国債は金利率が5年間変わらず固定であり、変動金利型10年国債は半年ごとに金利率が変動します。

利付国債はそれぞれ毎月発売を行っており、個人向け国債は年に4回発売されています。

郵便局で購入した利付国債は償還日時より前に売買する場合は、その時点での市場実勢により定めた価格で郵便局が国債を買い取ることになります。
このとき、郵便局で国債を購入したときの市場価格より低かった場合は元本割れを起こすこともあります。

国債郵便局を担保として貸付を受けることもできます。
個人向け国債の額面金額の8割までが貸付可能金額です。
さらに1人につき最高200万円までで、貸付期間は1年間です。貸付を受けると返済時にはもちろん利子が付き、貸付の決定を受けたときの1年定期預金の金利率プラス1.7%となります。

郵貯国債を見てみよう

郵貯国債とは郵便局で取り扱う国債のことを意味します。

郵貯国債には「利付国債」と「個人向け国債」の2種類があり、個人向け国債は固定5年と、変動10年の2種類で、利付国債は 長期国債、中期国債、短期国債の3種類があります。

郵便局の利付国債は、一般的な預貯金の仕組と似ています。
クーポンレートと呼ばれる表面利率に応じて、年2回利子を受け取ることができ、この郵貯国債の利子は預金へ預入されます。

誰でも気軽に国債が購入出来るように、従来の国債を小口化したものを個人向け国債といい、「固定金利型5年満期」と「変動金利型10年満期」の郵貯国債があります。
固定金利型5年国債は金利率が5年間変わらず固定であり、変動金利型10年国債は半年ごとに金利率が変動します。

利付国債はそれぞれ毎月発売を行っており、個人向け国債は年に4回発売されています。

郵便局で購入した利付国債は償還日時より前に売買する場合は、その時点での市場実勢により定めた価格で郵便局が国債を買い取ることになります。
このとき、郵便局で国債を購入したときの市場価格より低かった場合は元本割れを起こすこともあります。

郵貯国債を担保として貸付を受けることもできます。
個人向け国債の額面金額の8割までが貸付可能金額です。
さらに1人につき最高200万円までで、貸付期間は1年間です。
貸付を受けると返済時にはもちろん利子が付き、貸付の決定を受けたときの1年定期預金の金利率プラス1.7%となります。

郵便局の国債について

郵便局でも、国債を買い求める事が出来ます。
平成19年10月1日から郵便局が民営化されたことは、既にご存じだと思います。

郵便局の国債は、他の銀行と比べ、とても人気の高い商品です。
一番人気の理由を挙げると、郵便局の国債は、手数料がかからないという点があります。

郵便局以外の銀行では、手数料を取る場合もありますので、個人で確認する事が大切です。

郵便局の国債は、大きく分けて2つになります。
「利付国債」と「個人向け国債」に分かれています。

お客様のニーズに合った、郵便局の国債を選択する事が可能です。

郵便局の国債を買い求めるに当たり、「人気が高い」という点から、入手が困難な場合がありますが、全く入手できないというわけではありません。

郵便局の国債を購入した時、市場価格より低い場合、元本割れを起こす可能性が考えられますので、ひとつの注意点として挙げておきます。

リスクが無いとは言えませんので、下調べをする事が事前に求められます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。