国債の金利は? 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

国債の金利は? 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

10年物国債利回りとは?

従来は既発の10年物国債から一定の条件(発行量・販売高が多い、クーポンレートがその時の流通利回りに近い、保有が偏っていないなど)を満たした銘柄を国債指標銘柄としていましたが、売買の中心が新発国債に移ったため、1999年3月から債券相場の動向を見るには直近の新発10年物国債の利回りを指すようになりました。

新発10年物国債利回りとは、新規に発行された、発行から償還までの期間が10年の国債の流通利回りです。

国債は信用度が高く売買も活発なため、現在は新発10年物国債利回りを長期金利の指標としています。

そして、現在、長期国債の利回りといえば、直近の新発10年物国債の利回りを指します。

10年物国債は、毎月発行しており、そのつど新発10年物国債利回りの対象銘柄は毎月交代しています。

10年物国債の利回りは、一般に、無担コール翌日物金利より、約1.5%高いくらいのことが多く、例えば、無担コール翌日物金利が0.5%なら、10年物国債の利回りは約2.0%くらいになることが多いようです。

国債の経過利子を知ろう

国債を購入した場合、第1回目の利払い日に6ヶ月分の利子が支払われます。
しかし、投資家により購入日は違いますから、それぞれの投資家の購入日から第1回目の利払い日までの期間は必ずしも6ヶ月間だとは限りません。
購入から第1回目の利払いまでの期間が6ヶ月に満たない場合には、利子の払い過ぎになってしまいます。

そこで、国債を保有していなかった期間(国債の発行日から購入日まで)の利子に相当する額を、国債の購入時に支払う仕組みになっています。
このとき支払うお金を国債の経過利子と言います。

つまり、国債の経過利子とは、国債に投資した人が受け取られる第1回目の利子が、実際に国債を保有した期間に対応した金額になるよう調整するために支払うものです。

なお、2001年3月から、即時銘柄統合(リオープン)方式の導入に伴い、新しく発行される国債についても、国債の経過利子を支払う場合が生じるようになりました。

また、個人向け国債 固定5年の中途換金は、額面金額+国債の経過利子相当額−4回分の利子(税引前)相当額(発行から2年経過後より中途換金可)となります。

個人向け国債 変動10年の中途換金は、額面金額+国債の経過利子相当額−直前2回分の利子(税引前)相当額となります。(発行から1年後より中途換金可)

国債長期金利とは?

日本が歳入不足を埋めるために発行する国債のうち、発行量が多く中心的な銘柄とされているのが10年長期国債です。

この国債は他の債券と同じように、発行された後、流通市場で自由に売買されます。そこでついた国債長期金利が、日本の長期金利の指標とされています。

だいたい世界中どこの国でも、国が発行する国債長期金利が長期金利の代表となっています。

長期国債の売買は銀行、証券会社、機関投資家、外国人など多くの投資家によって行われているため、同じ日時でもその金利には違いがありますが、銀行、証券会社などの業者間で取引される国債長期金利が最も代表的な金利として長期金利の指標となっています。

多くの場合、新発債の国債長期金利が指標的な存在となっています。

国債長期金利が上がると、政府関係金融機関の貸出金利や期間2年以上の預貯金金利あるいは中長期の住宅ローン金利などが上がることになります。

また期間10年物の個人向け国債の金利は、この10年国債長期金利を基準にして決まる新たに発行される銘柄の金利から、一定の金利を差し引いた水準で決定されることでも知られます。

債券一般についても同じですが、国債は、人気が出て価格が上がると逆に金利は下がるので、それについては注意が必要です。

長期金利付国債について

国債にはいくつかの種類があり、利払い方式による分類では、金利付国債と割引国債に分けられます。また、販売対象を個人に絞ったものを「個人向け国債」といい、10年満期の変動金利型と5年満期の固定金利型の2種類があります。どちらも半年ごとに利息がもらえ、満期になると投資したお金(元本)が戻って来ます。これを「利付き国債」といいます。

変動金利型10年の長期金利付国債は、利息は半年ごとに見直されるため、その都度利息の金額が変わりますが、最低金利保証が設定されているので、ゼロになることはありません。

なお、変動金利型10年の長期金利付国債は、購入から1年経過しなければ中途換金ができません。

10年の長期金利付国債には変動金利型の「個人向け国債」のほかに、固定金利型10年の長期金利付国債があります。

また、個人向けの10年の長期金利付国債は、いつでも国が額面(元本)で買い取ってくれますが、中途換金にはルールがあり、早い時期に中途換金すると元本を割ることもあるので注意が必要です。

半年ごとに金利を見直すタイプの個人向け10年の長期金利付国債は、金利上昇局面に有利で、満期まで金利が変わらないタイプの長期固定金利型の長期金利付国債は、金利下降局面に有利です。

10年国債利率について

従来は既発の10年国債から一定の条件(発行量・販売高が多い、クーポンレートがその時の流通利回りに近い、保有が偏っていないなど)を満たした銘柄を国債指標銘柄としていました。

しかし、売買の中心が新発国債に移ったため、1999年3月から債券相場の動向を見るには直近の新発10年国債利率を指すようになりました。

新発10年国債利率とは、新規に発行された、発行から償還までの期間が10年の国債の流通利率です。

国債は信用度が高く売買も活発なため、現在は新発10年国債利率を長期金利の指標としています。

そして、現在、長期国債の利回りといえば、直近の新発10年国債利率を指します。

10年国債は、毎月発行しており、そのつど新発10年国債利率の対象銘柄は毎月交代しています。

10年国債の利率は、一般に、無担コール翌日物金利より、約1.5%高いくらいのことが多く、例えば、無担コール翌日物金利が0.5%なら、10年国債の利率は約2.0%くらいになることが多いようです。

10年利付国債とは?

国債にはいくつかの種類があり、利払い方式による分類では、利付国債と割引国債に分けられます。また、販売対象を個人に絞ったものを「個人向け国債」といい、10年満期の変動金利型と5年満期の固定金利型の2種類があります。どちらも半年ごとに利息がもらえ、満期になると投資したお金(元本)が戻って来ます。これを「利付き国債」といいます。

変動金利型10年利付国債は、利息は半年ごとに見直されるため、その都度利息の金額が変わりますが、最低金利保証が設定されているので、ゼロになることはありません。
なお、変動金利型10年利付国債は、購入から1年経過しなければ中途換金ができません。

10年利付国債には変動金利型の「個人向け国債」のほかに、固定金利型10年利付国債があります。

また、個人向けの10年利付国債は、いつでも国が額面(元本)で買い取ってくれますが、中途換金にはルールがあり、早い時期に中途換金すると元本を割ることもあるので注意が必要です。

半年ごとに金利を見直すタイプの個人向けの10年利付国債は、金利上昇局面に有利で、満期まで金利が変わらないタイプの長期固定金利型の利付き国債は、金利下降局面に有利です。

債券相場における新発10年国債の利回り

国債は、利払い方式によって、利付国債と割引国債に分けられます。また、新たに発行される新発債と、既に発行され、市場で取引されている既発債とにも分けられます。

従来は既発の10年国債から一定の条件(発行量・販売高が多い、クーポンレートがその時の流通利回りに近い、保有が偏っていないなど)を満たした銘柄を国債指標銘柄としていましたが、売買の中心が新発国債に移ったため、1999年3月から直近の債券相場における新発10年国債の利回りを指すようになりました。

債券相場における新発10年国債利回りとは、新規に発行された、発行から償還までの期間が10年の国債の流通利回りです。

国債は信用度が高く売買も活発なため、現在は債券相場における新発10年国債利回りを長期金利の指標としています。

そして、現在、長期国債の利回りといえば、直近の債券相場における新発10年国債の利回りを指します。

10年国債は、毎月発行しており、そのつど債券相場における新発10年国債利回りの対象銘柄は毎月交代しています。

10年国債の利回りは、一般に、無担コール翌日物金利より、約1.5%高いくらいのことが多く、例えば、無担コール翌日物金利が0.5%なら、10年国債の利回りは約2.0%くらいになることが多いようです。

10年国債の金利とは?

従来は既発の10年国債から一定の条件(発行量・販売高が多い、クーポンレートがその時の流通利回りに近い、保有が偏っていないなど)を満たした銘柄を国債指標銘柄としていましたが、売買の中心が新発国債に移ったため、1999年3月から債券相場の動向を見るには直近の新発10年国債の金利を指すようになりました。

新発10年国債の金利とは、新規に発行された、発行から償還までの期間が10年の国債の流通利回りです。
国債は信用度が高く売買も活発なため、現在は新発10年国債の金利を長期金利の指標としています。

そして、現在、長期国債の利回りといえば、直近の新発10年国債の金利を指します。

10年国債は、毎月発行しており、そのつど新発10年国債金利の対象銘柄は毎月交代しています。

10年国債の金利は、一般に、無担コール翌日物金利より、約1.5%高いくらいのことが多く、例えば、無担コール翌日物金利が0.5%なら、10年国債の金利は約2.0%くらいになることが多いようです。

長期国債利回りについて

日本が歳入不足を埋めるために発行する国債のうち、発行量が多く中心的な銘柄とされているのが10年長期国債です。この国債は他の債券と同じように、発行された後、流通市場で自由に売買されます。そこでついた長期国債利回りが、日本の長期金利の指標とされています。

だいたい世界中どこの国でも、国が発行する長期国債利回りが長期金利の代表となっています。

長期国債の売買は銀行、証券会社、機関投資家、外国人など多くの投資家によって行われているため、同じ日時でもその利回りには違いがありますが、銀行、証券会社などの業者間で取引される長期国債利回りが最も代表的な金利として長期金利の指標となっています。

多くの場合、新発債の長期国債利回りが指標的な存在となっています。

長期国債利回りが上がると、政府関係金融機関の貸出金利や期間2年以上の預貯金金利あるいは中長期の住宅ローン金利などが上がることになります。

また期間10年物の個人向け国債の金利は、この10年長期国債利回りを基準にして決まる新たに発行される銘柄の利回りから、一定の金利を差し引いた水準で決定されることでも知られます。

債券一般についても同じですが、国債は、人気が出て価格が上がると逆に利回りは下がるので、それについては注意が必要です

国債の利率について

国債の利率は、それぞれ銀行・証券会社・郵便局により、異なります。

個人向け国債の場合は、比較的、わかりやすいという点から、初心者の方にも知られているようですが、固定型と変動型でも、所有する「国債の利率」が違います。

実際の、利率は、全てひとまとめにいう事が難しいものです。

利率の高さから言うと、個人向け国債の5年固定型の方が、国債の利率が高いようです。
活用の仕方ひとつで、大きく違いが出てきますので、上手な活用方法を見つける事がポイントです。

通常の国債は、中途解約する事で、「損をする」か「得をする」の二択しか、選択肢がありません。
直ぐに「お金」に変える事が出来ない為です。

国債の利率が良い時点でも、中途解約はお勧めできません。
「損をする」の方が、大きくなります。

個人向け国債の方が、短期間と制限した場合に限り、利率的にメリットは大きいと推測されています。

そして、個人の国債の利率は半年に一回の割合で、見直しがされています。

利付国債とは?

利付国債とは、お得なイメージがあります。
簡単に言うと、クーポンが付いている国債の事を言います。

ここでいう、利付国債の「クーポン」とは?
「利息」を「受ける為」の券を指します。

利付国債は、金利が上昇する事に強いというメリットがあります。
金利上昇という局面に強い利付国債が最近では、人気を呼んでいます。

個人向けの利付国債以外を購入の際は、取扱いの金融機関・郵便局等でも、少しではありますが、「差」が生じていますので、発行の条件等を確認する事をお勧めします。

発行条件の少しでも良い方(国債)を選択したいものなので、個人向け国債(5年固定型)よりは、5年利付国債の方が有利とも言えます。

国債の種類も、意外とありますので、ニーズに合った利付国債を探してみるのもいいでしょう。
良い条件ばかりではありませんので、専門の知識があるという事だけで、確実に「有利」になります。

国債と一口で言っても、違いがはっきりしている金融商品です。

国債の金利について

国債の金利とは、一口で言うと「利子」になります。

国が資金調達の為に発行して、投資家が買うというシステムなので、国としては、国債の金利が上昇する事を嫌います。

国が投資家から借金をするわけですから、国債の金利が上昇する事により、国が投資家に返金する時の金利が高くなるという事です。

政府としても、出来るだけ「余分な出費」を抑えたいものです。
政府が、国民に買ってもらう為の「商品」ですから、信用・信頼性が高いと言えます。

市中金利が上昇すると、国債の金利も見直しされます。
したがって、国債の金利も上昇します。

逆に市中金利が下がると、国債の金利も下がります。
しかし、国債の金利は、最低金利が決められている為、非常に安定した金融商品だと言えます。

個人国債には、短期国債・長期国債の二つがあります。
5年固定金利型・10年変動金利型になりますが、それぞれの金利水準がありますので、基準金利の確認が必要になってきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。