中期国債とは? 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

中期国債とは? 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

国債5年とは?

国債は発行から満期までの期間によって、短期国債、中期国債、長期国債、超長期国債がありますが、一般的に期間が短いほど金利は低くなっています。

国債5年物を含む中期国債は毎月発行されており、2007年度は短期国債や長期国債よりも発行量が多くなっています。

2007年度は国債2年物と国債5年物の2種類の中期国債が発行されています。

中期国債の償還期間による分類は、国債2年物(利付債)の他に国債3年物(利付債)・国債3年物(割引債)・国債4年物(利付債)・国債5年物(利付債)・国債5年物(割引債)・国債5年物(個人向け国債)・国債6年物(利付債)があります。

国債は国の発行する債権なので、債権の中でももっとも信頼度が高い債権といえます。

国債5年物は郵便局、銀行、証券会社などで購入することができます。

割引国債は原則として奇数日に発行されますが、それぞれの国債の発行価格や利率は、発行された月や銘柄によって異なります。

個人での購入が容易な国債は、国債2年物の他に国債5年物、国債10年物、個人向け国債の3種類があります。

国債2年物とは?

国債は発行から満期までの期間によって、短期国債、中期国債、長期国債、超長期国債がありますが、一般的に期間が短いほど金利は低くなっています。

国債2年物を含む中期国債は毎月発行されており、2007年度は短期国債や長期国債よりも発行量が多くなっています。

2007年度は国債2年物と国債5年物の2種類の中期国債が発行されています。

中期国債の償還期間による分類は、国債2年物(利付債)の他に3年国債(利付債)・3年国債(割引債)・4年国債(利付債)・5年国債(利付債)・5年国債(割引債)・5年国債(個人向け国債)・6年国債(利付債)があります。

国債は国の発行する債権なので、債権の中でももっとも信頼度が高い債権といえます。

国債2年物は郵便局、銀行、証券会社などで購入することができます。

割引国債は原則として奇数日に発行されますが、それぞれの国債の発行価格や利率は、発行された月や銘柄によって異なります。

個人での購入が容易な国債は、国債2年物の他に5年国債、10年国債、個人向け国債の3種類があります。

5年国債を知ろう

国債は発行から満期までの期間によって、短期国債、中期国債、長期国債、超長期国債がありますが、一般的に期間が短いほど金利は低くなっています。

5年国債を含む中期国債は毎月発行されており、2007年度は短期国債や長期国債よりも発行量が多くなっています。

2007年度は2年国債と5年国債の2種類の中期国債が発行されています。

中期国債の償還期間による分類は、2年国債(利付債)の他に3年国債(利付債)・3年国債(割引債)・4年国債(利付債)・5年国債(利付債)・5年国債(割引債)・5年国債(個人向け国債)・6年国債(利付債)があります。

国債は国の発行する債権なので、債権の中でももっとも信頼度が高い債権といえます。

5年国債は郵便局、銀行、証券会社などで購入することができます。

割引国債は原則として奇数日に発行されますが、それぞれの国債の発行価格や利率は、発行された月や銘柄によって異なります。

個人での購入が容易な国債は、国債2年物の他に5年国債、10年国債、個人向け国債の3種類があります。

10年国債って何?

国債は、利払い方式によって、利付国債と割引国債に分けられます。また、新たに発行される新発債と、既に発行され、市場で取引されている既発債とにも分けられます。

従来は既発の10年国債から一定の条件(発行量・販売高が多い、クーポンレートがその時の流通利回りに近い、保有が偏っていないなど)を満たした銘柄を国債指標銘柄としていましたが、売買の中心が新発国債に移ったため、1999年3月から直近の新発10年国債の利回りを指すようになりました。

新発10年国債利回りとは、新規に発行された、発行から償還までの期間が10年の国債の流通利回りです。国債は信用度が高く売買も活発なため、現在は新発10年国債利回りを長期金利の指標としています。

そして、現在、長期国債の利回りといえば、直近の新発10年国債の利回りを指します。

10年国債は、毎月発行しており、そのつど新発10年国債利回りの対象銘柄は毎月交代しています。

10年国債の利回りは、一般に、無担コール翌日物金利より、約1.5%高いくらいのことが多く、例えば、無担コール翌日物金利が0.5%なら、10年国債の利回りは約2.0%くらいになることが多いようです。

中期国債とは?

中期国債とは、発行から満期までの期間が2年以上10年未満の国債のことです。

2007年度は2年と5年の2種類が発行されています。中期国債は毎月発行されており、2007年度は短期国債や長期国債よりも発行量が多くなっています。

国債は発行から満期までの期間によって、短期国債、中期国債、長期国債、超長期国債がありますが、一般的に期間が短いほど金利は低くなっています。

中期国債の償還期間による分類は、2年(利付債)・3年(利付債)・3年(割引債)・4年(利付債)・5年(利付債)・5年(割引債)・5年(個人向け国債)・6年(利付債))となっています。

国債は国の発行する債権なので、債権の中でももっとも信頼度が高い債権といえます。

国債は郵便局や銀行、証券会社などで購入することができますが、中期国債の発行は不定期ですから、買いたいと思ったら、郵便局で気をつけて掲示を見るようにするなどするとよいでしょう。

割引国債は原則として奇数日に発行されますが、それぞれの国債の発行価格や利率は、発行された月や銘柄によって異なります。

どの国債も「債券」ですから、売却の歳には額面価格の1万分の3に当たる有価証券取引税がかかります。

中期国債ファンドとは?

中期国債ファンドとは、何の事を言うのでしょうか。
名称だけは、よく耳にする言葉ですが、実際の所、よくわからないのが現状ではないでしょうか。

中期国債ファンドとは、中期の国債を中心に公社債・短期金融商品で運用する事が出来る「公社投資信託」です。

中期国債ファンドとは、「債券型投資信託」の一種だと考えてください。

「債券型投資信託」とは、証券会社が銀行側の「貯金」に対抗して考案された金融商品です。
原則として、株式等の元本が保全されていない商品の運用は、意味がないので行いません。

中期国債ファンドは、証券会社の数ある投資信託商品の中でも、安全性の高い商品として扱われています。

中期国債ファンドの特徴のひとつは、中期利付国債(短期)が中心です。
そして公社債で運用する為、信頼があるという点も、注目しておきたい所です。

一般に、人気が高い国債は、安全性があるという事実が考えられます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。