国債ファンド&投資信託 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

国債ファンド&投資信託 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

野村証券の国債

野村証券では国内外のいろいろな公社債を取り扱っています。

個人向けの野村証券の国債には、5年固定金利型と10年変動金利型があります。

中期の野村証券の国債には、2年満期のものと、5年満期のものがあります。

10年変動金利型の野村証券の国債は、利息は半年ごとに見直されるため、その都度利息の金額が変わりますが、最低金利保証が設定されているので、ゼロになることはありません。なお、購入から1年経過しなければ中途換金ができません。

5年固定金利型は、利息は一定で変わらず、購入から2年経過しなければ中途換金ができません。

個人向けの野村証券の国債の口座管理料は無料です。

現在取り扱っている外貨建の野村証券の国債には、アメリカ、カナダ、ドイツ、フランス、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド等の既発外貨建の国債があります。

三井住友ヨーロッパ国債ファンドを知ろう

三井住友ヨーロッパ国債ファンドは、EU(欧州連合)加盟国の国債を主要投資対象とするバランス型の投資信託で、この三井住友ヨーロッパ国債ファンドの投資対象国債は、長期信用格付けがA−/A3格以上を有する物とします。

三井住友ヨーロッパ国債ファンドは、シティグループ欧州世界国債インデックス(円ベース)をベンチマークとしています。

原則として、毎月の決算日に収益分配を行う三井住友ヨーロッパ国債ファンドの決算日は、毎月20日です。

主たる投資対象であるEU加盟国の国債は外貨建ですが、三井住友ヨーロッパ国債ファンドは、原則として為替ヘッジを行いません。

そのため、三井住友ヨーロッパ国債ファンドの基準価額は為替相場変動の影響を受けます。

シティ・グループ世界国債インデックスって何?

シティグループ世界国債インデックスとは、シティグループ・グローバル・マーケッツ・インクが開発した債券指数で、世界主要国の国債の総合投資利回りを各市場の時価総額で加重平均し、指数化したインデックスです。

1984年12月末を100とし、2003年4月に「ソロモン・スミス・バーニー世界国債インデックス」から「シティグループ世界国債インデックス」に名称変更されました。

シティグループ世界国債インデックスは、平成19年6月末時点で世界22ヵ国で構成されており、債券ファンドのベンチマークとなっています。

シティ・グループ世界国債インデックスはユーロ建ての債券の組入れ比率が高いので、ユーロの変動に高い相関を示してます。

インデックス運用をしていると、金融商品の内容について把握しなくなりがちです。インデックス運用には個別銘柄の選択という時間と労力の負担を軽減できる点は利点ですが、最低限、自分が投資している内容くらいについては把握は必要でしょう。

シティ・グループ世界国債インデックスへの投資では過去の実績において長期的に見ると10%前後のボラティリティがあります。値動きが安定している債券でも必ずリスクはあり、ファンドのリターンは為替変動による影響を大きく受けます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。