その他、国債について 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

その他、国債について 国債の金利と利回り格付け購入の投資講座

国債残高は大丈夫?

国債残高とは、現在、発行されている国債の総額のことです。

国債は、国の借金で、いつか必ず償還日が来て元金の返済をしなくてはなりません。
その時、国の財源に余裕がなければ、期限の来た国債の償還のために、また新たに国債を発行することになり、これは、日本の国債残高が増加し続けることになります。この悪循環は国家破綻の危機が噂される原因にもなっています。

国などの財政状況を示す『プライマリー・バランス=国・地方等税収−(国・地方等の支出−利払費)=税収率×名目GDP−政府支出+利払費』がゼロの場合、国債残高等の公的債務は増加しません。
前年度と同じと言うことになるので、GDPが増えれば、返済しやすくなります。

現在日本の政府が名目GDPの150%にもなる国債残高を含む公的債務残高を抱えているにもかかわらず、国債を発行しつづけてていられるのは、低金利と名目GDPの成長のおかげです。
早く黒字にしないと、国債残高は膨れ上がり、次世代の負担は膨大になり、状況は悪化するしかありません。
国債だけのプライマリーバランスは、地方への交付金の減額、政府保証債を増やすことで代替えされます。

この状況を改善するには、総合的にみた国債残高、公的債務全体が増加しないことが重要です。

ゼロ国債について

地方自治体に関連する国庫債務負担行為を一般的にゼロ国債と言います。

国が補正予算等にかかる公共事業等について、財源がないため当該年度は地方負担で賄い、翌年度以降に当該年度分も合わせて国費を手当てすると言う、国庫債務負担行為を設定することがありますが、このように当該年度の国費をゼロとする国庫債務負担行為を一般的にゼロ国債と呼びます。

ゼロ国債は、借金の意味の「国債」とは違います。

役所の会計は、1年限りの歳入・歳出を定めるのが原則ですが、例外として、数年度にわたる歳出を事前に認める制度が「債務負担行為」と呼ばれるもので、これには議会の承認が必要です。

この制度は当年度の歳出から、2年目、3年目の歳出限度額を承認するのですが、年度当初から事業を始めるために出来たのがこの「ゼロ国債」です。1年目は事務手続きだけを行い、支出をがないという意味で「ゼロ」の言葉が使われています。

年度末に予算が成立しても、4月からすぐに工事を始めることができるわけではありません。
一般競争入札の場合、公報登載手続き〜入札希望者への工事概要説明会〜入札〜議会承認(議決日)〜正式契約となるため、「ゼロ国債」の方法を取らないと、4月1日から一連の手続きを始めますから、着工は早くても8月以降となってしまいます。

このタイムラグを無くすのが「ゼロ国債」で、年度内に業者との契約まで済ませれば、新年度早々から前払い金の支出と工事着工ができます。

アメリカ国債って何?

アメリカ国債とは、米国財務省(United States Department of the Treasury)が発行する債券で、正式には、「アメリカ合衆国財務省証券」といいます。日本では米国債と呼ばれ、アメリカ合衆国政府に対する信頼により市場が形成されており、極めて高い流動性を有します。(現在、日本国債(JGB)が世界最大の発行残高を誇る)

流動性の高さからアメリカ国債はドル建外貨準備の主要な投資先となっています。

また、アメリカ国債の金利は長期金利の世界的な指標でもあります。

アメリカ国債の発行数は世界で1番多く、期間や種類が豊富です。償還期限が10年以上のものをT-BOND、2年潤オ5年のものをT-NOTEと呼びます。また、金利部分と元本部分を分離したストリップス債もあります。

信用度は抜群であり、そのアメリカ国債の金利は日本の国債よりも高いです。

しかしアメリカ国債は米ドル建てなので、いくら金利が高くてもドルが安くなっていたら意味がありません。金利も為替もしっかりと調べて考えなければならない金融商品なのです。

10年国債利回りについて

従来は既発の10年国債から一定の条件(発行量・販売高が多い、クーポンレートがその時の流通利回りに近い、保有が偏っていないなど)を満たした銘柄を国債指標銘柄としていましたが、売買の中心が新発国債に移ったため、1999年3月から債券相場の動向を見るには直近の新発10年国債の利回りを指すようになりました。

新発10年国債利回りとは、新規に発行された、発行から償還までの期間が10年の国債の流通利回りです。国債は信用度が高く売買も活発なため、現在は新発10年国債利回りを長期金利の指標としています。

そして、現在、長期国債の利回りといえば、直近の新発10年国債の利回りを指します。

10年国債は、毎月発行しており、そのつど新発10年国債利回りの対象銘柄は毎月交代しています。

10年国債の利回りは、一般に、無担コール翌日物金利より、約1.5%高いくらいのことが多く、例えば、無担コール翌日物金利が0.5%なら、10年国債の利回りは約2.0%くらいになることが多いようです。

日本国債について

日本国債とは、日本という「国」が発行する債券の事を言います。

日本国債の種類は、とても豊富です。

実際に、金融機関に出向いて、自分で話を聞く事から始めてみたら、わかりやすいのではないでしょうか。

「固定利付債」・「変動利付債」・「物価連動債」・「割引債」のように、利払いや償還額を目的とした国債等、分野ごとに、目的が決まっています。

日本国債は、国が投資家から資金を得る為の金融商品です。

日本国債を購入できる場所は、郵便局・銀行・証券会社となっています。

いずれも、日々の生活に密着している場所である為、「国債」という言葉が定着してきた理由のひとつという事が出来ます。

国債という商品自体が、とても身近な金融商品になっています。
「安全な金融商品」というイメージが、深く浸透してきた為です。

最近では、日本国債以外の、海外の国債も買い求める事が出来ます。
ただし、日本の国債が理解できていないようでしたら、お勧めはできません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。